緑黄色野菜の効果、新陳代謝をよくして疲労回復を促進も!

緑黄色野菜の効果、新陳代謝をよくして疲労回復を促進も!

緑黄色野菜の緑色の食材は、ぜひ取り入れたい食材ですが、どのような効果があるか、ご紹介します。

 

 

まず、ほうれん草ですが、豊富な鉄と葉酸で、貧血を防いでくれます!葉酸は、妊娠中にかなり必要な栄養分なので、必ず取り入れたい成分なので、妊娠中、出産後の授乳期にもほうれん草の摂取はおすすめします。また、鉄は牛レバーに匹敵するほど多く含まれているんです。また、マグネシウムが含まれているため、カルシウムの働きを助けたり、月経前症候群を和らげる効果があるといわれています。

 

 

また、驚くことに、旬である冬のほうれん草の方が栄養価が高くて、特にビタミンCは、夏の三倍にもなるほどなんです!二つめの野菜は、小松菜です。見た目はほうれん草と似ていますが、効果は違うんですよ。小松菜はカルシウムが豊富で、その量は牛乳に匹敵するほどだというので驚きです。また、鉄も実はほうれん草以上に含まれています。

 

 

また、ビタミンCが豊富に含まれているので、免疫力がアップします。それだけではなく、体内の余分な塩分を排出して血圧を下げるカリウムや、抗酸化作用が強く、がん抑制に効果的なβカロテンも豊富に含まれています!三つめの食材は、ブロッコリーです。スルフォラファンという成分が、生活習慣病を予防します。抗酸化力や解毒作用が高くて、老化やがん予防に効果的なスルフォラファンという成分が多く含まれているため、ピロリ菌を消す効果があります。

 

 

また、ビタミンCも豊富で、野菜の中では含有率がトップなんです!女性にはとっても嬉しい美白効果や、免疫力アップが期待できます。4つ目の食材は、グリーンアスパラガスです。アスパラギン酸という成分が、体を元気にしてくれます!新陳代謝をよくして疲労回復を促進してくれるんです。また、穂先には血行をよくするポリフェノールの一種である、ルチンが多く含まれます。

 

 

ほとんどの成分が水溶性なので、蒸したり焼いたりして、栄養が流れない調理法でより栄養を吸収してしたいところです。このように、緑の野菜にはそれぞれの効果があるので、いろんな野菜をバランスよく、とりいれたいですね。